みんなの歌謡曲

大人の音楽情報

SCREEN

Cpanel

平成28年11月5日配信分


☆虹の架け橋まごころ募金コンサート
 NHKBSプレミアム、5日19:30からは「音楽は地球を救う」をコンセプトに開催したチャリティーコンサートの模様をお届けします。司会=徳光和夫、藤原紀香。出演=五木ひろし、氷川きよし、大川栄策、城之内早苗、坂本冬美、藤あや子、市川由紀乃、川野夏美、北山たけし、野村美菜、丘みどり、松川未樹、入山アキ子、大江裕、岩佐美咲、川上大輔、北山みつき、杜このみ、工藤あやの、エドアルド、松阪ゆうき、三丘翔太、羽山みずき。


☆NHKのど自慢
 NHK総合、5日12:15からは、岩手県奥州市から。ゲストは、瀬口侑希、福田こうへい。


☆水森かおり
 4日、山口県下関で開催された「第10回記念大会下関海響マラソン」の前夜祭イベントでミニステージを務めました。
 新曲「早鞆ノ瀬戸」の舞台になっているのが縁で、「しものせき海響大使」に就任。今回は応援大使となり、5日に開催されるマラソン大会を前に盛り上げるべく、野外でミニコンサートを。新曲をはじめ「松島紀行」「鳥取砂丘」なでを熱唱した水森は、「下関市を訪れるたびに、新曲に対する地元の皆さんの熱い思いがより大きくなってきている気がします。そんな皆さんへの恩返しのために年末には紅白の舞台でこの新曲を歌いたい」と。


☆氷川きよし
 4日は、、都内で新曲「男の絶唱」の新バージョン購入者イベントとなる握手会を開催しました。
 2万人の応募の中から抽選で300人を招待。1回100人ずつに分けて開催。イベントでは、11月21日に発売されるニューアルバム「新・演歌名曲コレクション6~碧し~」を自ら紹介し、収録曲の新曲「酔わせてオルホ」を初披露し、「いろいろ人生を勉強しながら、歌もしっかり勉強して歌の幅も広げてこれからも歌い続けていきたい」と語りました。


☆丘みどり
 デビュー13年目にして念願であった初のソロコンサートを4日、都内で開きました。
 見所は、花柳糸之社中とのジョイントや、本人が選んだ着物からドレス、ワンピースなど10着の早着替えなど。「特に、早着替えではリハーサルで成功したことが無かったので。前夜は緊張して2時間おきにうなされて目がさめました」と。
 ステージは、レコード会社移籍第1弾「霧の川」から幕を開け、中盤では「for you・・・」「潮騒のメモリー」など歌謡曲、「影を慕いて」などの名曲も披露。最後は、今年の勝負曲「佐渡の夕笛」で締めくくり全26曲を歌い上げました。丘は、「13年目にして、ようやくこの日が迎えられ、これまでの年月はけして無駄じゃなかった。次は紅白の舞台であるNHKホールでコンサートをやりたい」と意欲を見せました。


☆半崎美子
 メジャーデビュー後、初めてのワンマンライブツアーのファイナルコンサートを4日、都内で開催しました。
 ショッピングモールでメジャーデビュー前からライブ活動をしていたことから、「ショッピングモールの歌姫」として注目を集めるシンガーソングライター。そのためチケットも発売直後に完売に! ステージでは、「今日のコンサートは土の中がテーマ。17年間土の中で根を張り続けた私の世界を、皆さんと一緒に深掘りしたい」とアピール!ヒット中の「サクラ~卒業できなかった君へ~」、NHKみんなのうたでお馴染みの「お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~」などアンコールを含め19曲を熱唱。中でも、杉並児童合唱団と共に「見えない星」「明日への序奏」では念願の合唱という形も実現。その人柄と生きざまが詰まったステージでした。


☆地球劇場~100年後の君に聴かせたい歌~
 BS日テレ、5日12:00からは、谷村新司45周年記念スペシャルをアンコール放送。時代を作った作家特集として阿久悠・筒美京平・三木たかしの名曲を伊藤咲子、庄野真代が歌います!


☆あの年この歌~時代が刻んだ名曲たち~
 BSジャパン、22:30からは、1969年トワ・エ・モワ「或る日突然」を。そのデビュー曲でフォークに新風を吹かせたトワ・エ・モワ。彼らが掲げたニューフォークとは?


☆CDTV
 5日、TBSで放送されたチャートの中で演歌・歌謡曲は荻野目洋子「ダンシングヒーロー」が再び15位に上昇!氷川きよし「男の絶唱」は76位、花咲ゆき美「港わかれ雪」が80位など。


☆元SMAP
 元SMAPの稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾によるインターネットテレビ番組『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)。4日の放送では、元メンバーで現在はオートレーサーとして活躍する森且行が21年ぶりに共演を果たしました。番組名は明かしませんでしたが、おそらくフジテレビ『SMAP×SMAP』スタート時に森の脱退がメンバーに伝えられた話などが明らかに!
 視聴者がリアルにネットを通じて番組に参加できるなど、これからのネット番組の可能性を示す形になったと思います。


☆八代亜紀
 5日16:40からNHKEテレ『ごちそんぐDJごはんとみそしるスペシャル』のゲストに!マキタスポーツと共に味噌汁談義に花を咲かせます。


☆田川寿美
 5日は、熊本県で開催される「第40回錦町ふるさと祭り歌謡ショー」に出演。熊本県錦町民グラウンド特設会場、1430頃~。入場無料。


☆森口博子
 フジテレビ、5日12:00からの『ウチくる!?』に。地元博多の厳選された美味を紹介しますが、坂上忍からはその私生活にダメ出しを。


☆水森かおり
 5日は、岐阜放送公開生放送「ふれあい垂井ピア」に出演!民謡ガールズも一緒です。岐阜県垂井町朝倉運動公園、14:00~。入場無料。


☆岩佐美咲
 5日は、福井放送の公開録音「2017JA感謝祭~ありがとう今の元気もテラルの恵み~歌謡ショー」に出演。JAテラル越前勝山中支店及び駐車場、15:30~を予定。


☆コロッケ
 5日は、茨城県石岡健康センターでステージを!初めて健康センターでのショーは昼13:00~、夜18:00~。チケットが必要で、特別指定席6000円、一般指定席5000円。


☆秋岡秀治
 5日は、大阪・伊賀市平田アニーズどんぐりホールで開催される「五十路会感謝歌まつり」のゲストに!観覧無料。


☆出光仁美
 5日、5回目となるワンマンライブ「かめつむりライブ」を東京・押上のワロップ放送局で開催!18:00~、4000円。


☆おがさわらあい×中里亜美
 5日、東京・小岩音曲堂で「東京ノスタルジー」と銘打ったジョイントライブを!第1幕カラフルは、13:00~、第2幕モノクロは16:00~。各全席自由2500円(1ドリンク付き)。


☆まつり湯
 東京・浅草ROX内のまつり湯。5日は、瀬戸マドカが出演。16:00~。


【家元の!日舞と歌謡曲】
 みんかよメール愛読者の皆様、おはようございます!日曜日にメッセージをお贈りする日本舞台千波流二代目・千波一景でこざいます。
 本日は、「稽古のススメ」と題したエピソードをご紹介します。日舞は、日常ではしない動作をしますので、普段使っていない筋肉を刺激します。また、姿となる形をつくりますから、身体のバランス感覚を体で覚えます。なんといっても日舞は対象が自分自身、茶器や生花などの物質を客観的に見つめられるわけではないので、空間の中で自分の体をコントロールする技術が必要になります。
客席から見る日本舞踊は、優雅で華麗に舞っているように見えますが、実際は繊細に神経を使いかなりの運動量なので、演者は想像以上に消耗します。能力と技術だけではなく、気力と体力もアスリート並みに必要とします。実は舞台上ではいとも簡単に軽やかに演技をしているのでした!苦を背負いながらも、それを表に出さない技術も芸の力です。それはもう繰り返し稽古しますが、すぐに上手く出来ないのが生身の人間。ですが、そこが稽古の妙で、肉体を鍛えてくれる為の道のりなんですね!初めは上手くいかなかった事が段々と出来る実感を与えてくれる。すると、出来るような気がしてきて、益々稽古に身が入る。
 人の体には無限の可能性を潜在的に秘めていて、いじったり掘り起こしてみると、新たな能力を発見・発掘できます。その様な場面を私は数え切れないくらい目の当たりにしてきました。常に希望を持って、何でも挑戦してみる!一度きりの人生、先伸ばす事なく、何でも思いっきり楽しみしましょう!


☆宮城・山野楽器仙台店
 5日14:00~=ジュガーシスターズ/1階店頭特設ステージ


☆東京・中野名曲堂キャンペーン
 5日14:00~=みず来明姫


☆東京・小岩音曲堂セールスチャート
1位=会津追分/森山愛子
2位=東京chachachaケ・セラ・セラ/ロス・インディオス&Reina
3位=忍び川/西方裕之
4位=竜の海/エドアルド
5位=夢見酒/紅晴美
6位=東京こぼれ花/ハン・ジナ
7位=道ひとすじ/福田こうへい
8位=唇に涙/織田みさ穂
9位=波の花海岸/服部浩子
10位=待ちわびて/新川めぐみ


☆日刊ゲンダイ
 6日付けの紙面では、元SMAP3人による「72時間ホンネテレビ」で、堺正章を相手に本音で語った大晦日焼き肉解散式の真相と、語られなかったキムタクとの確執など。


☆11月5日生まれの歌手
 吉村晴哉/タイムファイブ=1944年、天地真理=1951年、小林明子=1958年、嶋野百恵=1974年、田中聖/元KATーTUN=1985年、BoA=1986年、河島佑香=1988年。