みんなの歌謡曲

大人の音楽情報

SCREEN

Cpanel

平成29年01月03日配信分


☆日本の名曲 人生、歌がある
 BS朝日、3日18:00からは、放送100回を記念した生放送!新春5時間スペシャルを!司会=五木ひろし。出演=秋元順子、市川由紀乃、石原詢子、岩本公水、大石まどか、大川栄策、大月みやこ、鏡五郎、角川博、川上大輔、川野夏美、北川大介、北原ミレイ、研ナオコ、クミコ、坂本冬美、島津悦子、城之内早苗、瀬口侑希、千昌夫、田川寿美、田原俊彦、新沼謙治、林部智史、原田悠里、増位山大志郎、松原のぶえ、森山愛子、八代亜紀、山内惠介、山崎ていじ、由紀さおり、吉幾三(五十音順)。


☆山野楽器
 東京・銀座の山野楽器本店は、2日に初売りイベントを開催、水森かおりをはじめ岩佐美咲、はやぶさの3組が参加して歌い初めを行いました。
 まずは、1階正面入り口の特設ステージに3組が登檀し、水森が「2018年のスタートの日にこうして山野楽器さんの素晴らしい場所に立たせて頂けることを本当にうれしい。また、今年も一生懸命頑張ります」と挨拶。そして、司会・西寄ひがしからそれぞれの元旦の過ごし方を聞かれ答える一幕も。また、恒例の今年の思いを書に託すコーナーでは、水森が「鍛」とし、「鍛える一年にしたい」とし、岩佐は「超」として「昨年の自分を大きく越えたい」、はやぶさは「笑」とし「笑顔溢れる一年にしたい。」と。
 その後には、7階イベントスペースで歌唱イベントを行い、それぞれが新曲やカバー曲なども歌い、最後には全員で「一月一日」を歌い締めくくりました。


☆日本歌手協会
 BSジャパン、3日19:00からは、日本歌手協会による『歌謡祭』の第3夜。出演=あべ静江、大信田礼子、海援隊、川中美幸、こまどり姉妹、田辺靖雄、内藤やす子、倍賞千恵子、ピーター、辺見マリ、BORO、森昌子、雪村いづみほか。


☆NHK紅白歌合戦
 昨年大みそかに放送された『第68回NHK紅白歌合戦』の平均視聴率が前半(第1部)が35・8%、後半(第2部)が39・4%ということが発表に!(ビデオリサーチ調べ)。歴代ワースト3位という結果に。


☆演歌の花道2018
 テレビ東京、3日16:25からは、あの名番組が一夜限りの復活を!テーマは、「大地の音潮風の声」で、日本を代表する歌手が名曲を。出演=秋川雅史、市川由紀乃、丘みどり、坂本冬美、鳥羽一郎、氷川きよし、福田こうへい、水森かおり、三山ひろし、杜このみ、吉幾三(五十音順)。


☆森昌子
 BSーTBS、3日10:00からは、『森昌子が歌い継ぐ昭和の名曲SP~美空ひばりとの知られざる絆と歌人生~』を。45周年記念コンサートの模様を中心に、美空ひばりさんが生前に住んでいた自宅を訪問し、その歌に対する真剣さと二人の硬い絆のエピソードも紹介。


☆演歌女子。
 歌謡ポップスチャンネル、3日18:00からは、花咲ゆき美、西田あい、竹村こずえが出演します。


☆The Covers
 NHKBSプレミアム、3日2300からは、『The Covers Fes2017』をアンコール放送!出演=クレイジーケンバンド、GLIM SPANKY、田島貴男、ハナレグミ、BRAHMAN、持田香織(五十音順)。


☆ふるさと祭り2018
 東京ドームでは、恒例の『ふるさと祭り東京』を12日から21日まで開催します。日本全国から、伝統の祭りと、地元の極上グルメやフルーツなどを堪能できるイベント。また、連日お祭りをはじめご当地キャラのイベントも開催しますが、その中で演歌・歌謡曲のステージを紹介します。ちなみに、当日券は1700円。前売り券1500円。
◎12日12:20~=走裕介、14日15:10~=民謡ガールズ、15日14:50~=はやぶさ、16日16:40~=ビリケン、18日16:20~=おかゆ、19日13:00~=杜このみ、20日12:30~=北野まち子、15:30~=ビリケン


☆歌唱王
 日本テレビ、3日18:30からは、『第5回全日本歌唱力選手権歌唱王』をお届けします。予選を経た本線出場者21名が日本一を目指します!


☆THEカラオケバトル
 テレビ東京、3日12:00からは、明日18:25からのUー18歌うま大甲子園最強王座決定戦の放送を前にこれまでのUー18傑作選を。


【目から鱗の簡単ボイトレ】
 みなさん、明けましておめでとうございます!ヴォイストレーナーの新井ユタカです。今回から、各週で簡単なボイストレーニングを紹介します。
 まず、今回は「お腹から声を出す」。声を作る声帯はどこにありますか?そう、喉頭、つまり喉仏の中にセットされています。でも歌謡ヴォイストレーニングでは、声帯はみぞおちにあると考えます。ここで声を響かせます。鳩尾から上が口と考え、ここから声を出しているから「お腹から声が出ている」と言う訳なんです。喉の声帯ではなく、お腹に響かすように発声します。この声をナチュラルヴォイス(地声)と言い、演歌・歌謡曲・ロック・ポップス等はこの地声を使って歌います。お腹から上に共鳴させるのです。あるクラシックの歌い手さんが、歌謡曲の作曲家に「声は腹から」と指摘されて首をかしげていましたが、共鳴が頭部にあったからでしょう。胸部の共鳴で歌います。お腹に響かすイメージで発声しましょう!


☆東京・小岩音曲堂セールスチャート
1位=海猫挽歌/永井裕子
2位=海峡みなと/島津悦子
3位=千年の恋歌/神野美伽
4位=幸せ古希祝/北島三郎
5位=道ひとすじ/福田こうへい
6位=雪舞い岬/瀬口侑希
7位=おぼえていますか/小金沢昇司
8位=会津追分/森山愛子
9位=夕月おけさ/天童よしみ
10位=よされ三味線/小桜舞子


☆1月3日生まれの歌手
 西城慶子=1938年、コシミハル=1960年、吉田栄作=1969年、早坂由希=1986年。